川崎市:54歳息子が85歳母親の首を絞めて殺害

2018年10月1日午前10時頃、川崎市高津区の住宅に住む85歳女性の首を絞め殺害したとして、女性と同居している息子を逮捕しました。

女性を殺害したとして殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、自称「福祉関係職員」の竹田達也容疑者(54)。竹田容疑者は、自宅で同居している母親のミツ子さん(85)の首を絞め殺害したと自首をし、その直後に駆けつけた警察官に自宅の和室で倒れているミツ子さんが発見された。ミツ子さんは直ぐに病院に搬送されましたが、死亡が確認された。

警察の取り調べに対して、竹田容疑者は母親を殺害した動機については曖昧な供述をしているということです。また警察は容疑を殺人に切り替えて調べていく方針です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。