政界

70歳までの高齢者雇用確保、企業努力義務 来年法改正

2019年5月16日

5月15日政府は、安倍首相が議長を務める「未来投資会議」で高齢者の就業拡大に向けた方針を示しました。 ◇ 来年の成立を目指す 既に65歳までの雇用確保については、定年の廃止や延長、継続雇用のいずれかを企業に義務付けられて […]

続きを読む

70代の認知症割合を25年までに6%減目指す 政府

2019年5月15日

5月14日政府は、今夏に策定する認知症の新たな大綱で、認知症の人数を削減する初の数値目標を定める方針を固めました。背景には、認知症の予防推進と社会保障費の抑制などに繋げる狙いです。 ◇ 25年までに「6%減」を狙う 予防 […]

続きを読む

自民党:70歳以上でも働ける環境を 社会保障制度改革

2019年5月14日

自民党は、70歳以上の高齢者の厚生年金への加入をはじめ、高齢者が働く環境を整えるなどを柱とした「社会保障制度改革」の提言をまとめました。 ◇ 「骨太方針」に反映を求める 提言では、65歳以上を一律に「高齢者」と一括りにす […]

続きを読む

2040年までには高齢者世帯の1人暮らしが4割に

2019年4月20日

厚生労働省の推計で、2040年には高齢者世帯のうち4割が1人暮らしになる見込みと明らかになりました。 ◇ 背景には未婚の増加 厚生労働省によりますと、2015年時点での日本の世帯数は約5,333万世帯おり、40年には30 […]

続きを読む

ゴミ出し支援のモデル事業開始 高齢者世帯増加が影響

2019年4月19日

環境省は、家庭で出たゴミを集積所まで運ぶことが困難な高齢者世帯の増加を受けて、自治体によるゴミ出し支援のモデル事業を今年度に実施することを明らかにしました。 ◇ 8割の自治体が今後の高齢化を不安視 モデル事業の市区町村に […]

続きを読む

「在職老齢年金」の廃止検討 高齢者の就労を促す狙い

2019年4月19日

政府は、一定以上の収入のある高齢者の厚生年金支給が減額する「在職老齢年金制度」廃止の検討に入りました。廃止の背景には、支給されるはずの厚生年金が減額され、高齢者の就労意欲を削いでおり、高齢者の就労を後押しするために制度廃 […]

続きを読む

後期高齢者医療制度 収入が180億円黒字 17年度

2019年4月14日

2019年4月12日厚生労働省は、2017年度の後期高齢者医療制度の収支が180億円の黒字だったと発表しました。16年度と比較して44%が減少した形になります。 ◇ 主因は、高齢化の進展で加入者増 180億円の黒字の背景 […]

続きを読む

中高年の「ひきこもり」全国で61万人超 内閣府調査

2019年3月29日

2019年3月29日内閣府は、40~64歳のひきこもり状態の人が全国に推計で「61.3万人」いることを公表しました。全国規模で「中高年ひきこもり」が明らかになるのは今回が初めてで、今後の高年齢化や高齢化問題に進展する状況 […]

続きを読む