被害総額1億円以上・詐欺グループトップら逮捕

2018年2月に、東京都内に住む76歳の高齢者男性から、銀行員を装い嘘の電話をかけ、およそ「150万円」を騙しとった疑いで、「六代目山口組」系暴力団幹部「藤井幸治」容疑者(56)と「辰己慎吾」容疑者(53)ら7人が、警視庁に逮捕されました。

藤井容疑者は20人以上を束ねる詐欺グループのトップで、詐欺グループが騙しとった現金を辰巳容疑者から受け取っていたとされています。

◇ 総額1億円以上の被害

全国の高齢者から、1億円以上を騙しとったとされ、被害件数は少なくても「85件」にも上るとされています。また警視庁は暴力団が組織的に関わっていたとして、全容用解明に努めています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。