町田市の高齢者向け住宅で殺人事件

平成30年9月21日午前6時10分頃に、東京都町田市鶴川にあるサービス付き高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」に入居していた69歳の女性がベッドの上で、頭部から血を流して死亡しているところを隣室に住む夫に発見されました。

事件の遭ったサービス付き高齢者向け住宅は、地上3階建ての施設で、全室72室、60歳以上の高齢者向け住宅です。介護や食事、巡回などのサービスを提供しており、訪問介護事業所も併設されています。

◇ 前日夜9時までは夫婦で過ごしていた

殺害された女性は3年前に夫と入居し、1階の隣同士の部屋に住んでいました。事件当日の朝6時になっても女性が起きてこなかったため、夫が訪室をしたところ大量の血を流して倒れているのを発見。また事件の遭った前日夜9時までは、夫は女性と一緒に居たことが分かっており、就寝中に何者かに襲われた可能性があります。

事件当日の女性の居室のドアは施錠されており、また施設内の廊下に設置してある防犯カメラには誰も映っていなかった。しかし中庭に通じる居室内の窓には施錠されていなかったことが分かっています。

室内については、複数のタンスが開けられ、衣類も散らばっているなど物色された形跡があり、また金品も奪われた可能性があるとみて、警視庁は殺人事件と合わせて捜査を始めていることが分かっています。

◇ 事件当日夜の当直者1人

事件の遭った施設の夜は、当直者は1人で対応。正門については「暗証番号」を入力しなければ施設に入ることが出来ないため、外部の人間が正門から高齢者向け住宅に入るのは難しい状況です。

● 関連記事
東京・町田市 高齢者施設で69歳女性殺人事件 夫を逮捕


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。